Return to site

自分をコンテンツ化する方法

· ビジネススキルの話

ITの発展により、一般人も情報発信をすることができるようになった。SNSに何か書き込めば、その数の大小はあれど誰かには届いている。その情報に価値を感じて貰えるようになれば、届く人数も増えていく。自分が発信者になったときに、どんなコンテンツを作るかは大きく2つになるだろう。これはちょっとネットで調べればすぐ出てくるのだけれど、自分自身の経験をコンテンツ化する、自分の好きなことをコンテンツ化するである。

 

高校での講演は、前者の自分自身の経験をコンテンツ化するになる。

 

講演の準備で最初に始めたのは自分の人生の振り返りである。10年以上前の就職活動以来である。高校生に話すのだからと、生まれてからあったことや感じたことを振り返る。その経験をキャッチコピーではないが、たくさん書きだしていく。

 

「たった一歩を頑張る。たった一歩が未来を決める」
「そこそこの幸せが辛いなんて知らなかった。」
「追い込まれると逃げ続けた若き日々」
「本気になることが恥ずかしくて、斜に構えた。」
「社会はいつでも、本気の人の味方。」
「大人になると本気になった仲間以外には会わなくなる」
「頑張らない大人に仲間はできない」
「日記は人を別人に変えてくれる」

 

これは自分の一例だけど、これをもっともっと書きだして。
 

それをつなげて、一つの物語を作る。

 

この掘り下げのさらに掘り下げて、各メッセージに対応するエピソードを作っていく。そして、それは面白い、驚く、はっとさせるなど、普通ではいけない。

 

こんなことを講演作りのために、ひたすらするのは学びでしかない。そして、最初はつらいけど、繰り返し、繰り返し、自分を見つめ直すことは、面白くなってくる。自分を内省することにもつながり、講演をするようになって、すごく良い方向に変わっていると家でも言われている。

 

講演をする必要はないけれど、自分自身の棚卸やより良い状態にもっていくために、自分をコンテンツ化してみてはいかがでしょうか。

ITの発展により、一般人も情報発信をすることができるようになった。SNSに何か書き込めば、その数の大小はあれど誰かには届いている。その情報に価値を感じて貰えるようになれば、届く人数も増えていく。自分が発信者になったときに、どんなコンテンツを作るかは大きく2つになるだろう。これはちょっとネットで調べればすぐ出てくるのだけれど、自分自身の経験をコンテンツ化する、自分の好きなことをコンテンツ化するである。

高校での講演は、前者の自分自身の経験をコンテンツ化するになる。

講演の準備で最初に始めたのは自分の人生の振り返りである。10年以上前の就職活動以来である。高校生に話すのだからと、生まれてからあったことや感じたことを振り返る。その経験をキャッチコピーではないが、たくさん書きだしていく。

「たった一歩を頑張る。たった一歩が未来を決める」
「そこそこの幸せが辛いなんて知らなかった。」
「追い込まれると逃げ続けた若き日々」
「本気になることが恥ずかしくて、斜に構えた。」
「社会はいつでも、本気の人の味方。」
「大人になると本気になった仲間以外には会わなくなる」
「頑張らない大人に仲間はできない」
「日記は人を別人に変えてくれる」

これは自分の一例だけど、これをもっともっと書きだして。
 

それをつなげて、一つの物語を作る。

この掘り下げのさらに掘り下げて、各メッセージに対応するエピソードを作っていく。そして、それは面白い、驚く、はっとさせるなど、普通ではいけない。

こんなことを講演作りのために、ひたすらするのは学びでしかない。そして、最初はつらいけど、繰り返し、繰り返し、自分を見つめ直すことは、面白くなってくる。自分を内省することにもつながり、講演をするようになって、すごく良い方向に変わっていると家でも言われている。

講演をする必要はないけれど、自分自身の棚卸やより良い状態にもっていくために、自分をコンテンツ化してみてはいかがでしょうか。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK