Return to site

子供は自分を映す鏡

· 講師の日常

「子育ては子供を育てているようで、自分を育てている。」この言葉を母から聞いていたが、意味が分かっていなかった。子供が生まれてもその意味が分かるのに3年かかった。

 

「めんどくせーー」と3歳の息子がしゃべった。

 

私がたまに言っているであろう、「めんどくせー」を使った。

 

子供が使っている姿を見て、正直怖くなった。私の話す言葉を真似するのだ。ネガティブな言葉やあまり相応しくない言葉も真似をしてしゃべり始めるのだ。

 

有名な言葉に、
「身体は食べたもので作られている。」
「心は聞いた言葉で作られている。」
「未来は話した言葉で作られている。」

 

子供は別の人格であるが、私の言葉で心は作られていくのだ。
 

子供は私の背中を見ながら育っていくのだ。

 

やっと意味がわかった瞬間だった。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK