Return to site

人の感情の影響をかわす方法

· 目標達成日記の話

この一週間は他者の感情の影響でイライラすることが多かった。他者がイライラしていると感染するように自分もイライラする。残念ながら、お互いが負の感情が相乗効果で1人のイライラから2人分のイライラ、更にイライラの連鎖が起きる。これがどうにも最近多い。

日記に書いたり、紙に怒ってしまった事を書くことで、その日、その日は消化しているが、その場でのイライラ、怒りをうまくコントロールできないかと考えている。

今年一番の課題ができてしまった。課題は、「人の感情に左右されない、感情コントロール、思考法」この感情の影響は、自分の心の状況×親密度×感情コントロール(思考法)になるのかなと考えている。

自分の心の状況は、心の余裕と言い換えても良いかもしれない。心に余裕があれば、他人の感情の影響を受けても、負の方向に進んだとしても対応できる。また、他人の感情を受けにくくなる。

疲れていたりお腹がすいていたり、仕事で追い込まれている、人間関係で悩んでいる。などの心に負荷がかかっていると余裕を持つことは難しい。

この状態を回復させる事は難しい。私の場合は、美味しいものを食べる、睡眠をたくさんとることで回復させている。

親密度は、家族、恋人(夫妻)、会社の同僚、電車の乗客、街を歩いている人の順に小さくなってくる。電車の中の方が密室なので、親密ではないけど距離が近いという意味で、街を歩いている人より親密度が高いとした。親密度が高いほど、感情の影響を受けやすい風に思う。

 

家族に無感情、恋人(夫妻)に無感情になることは、難しい。恋人(夫妻)に無感情になることは、すでに恋人(夫妻)ではない。別れの予感すらしそうだ。

しかし、先にあげた自分の状況が悪い場合は、親密度を下げると言う意味で、ちょっとだけ距離を置くことも有用かもしれない。距離を置くことで、冷静に対応することができ、解決に向かうこともあると思う。

 

感情コントロール(思考法)は、どうすればいいのだろうか。影響を受けた感情を心で受け止めるんだけど、それをふわっと外に煙突の煙のように出すイメージで自分の心をコントロールできないかと考えている。煙突の煙のように、感情も風に流されて霧散していくイメージである。煙突の煙ではスピード感が無い場合は、手で感情を投げて捨てるイメージだろうか。

 

これらを試しながら、良い方法が見つかれば情報発信しますね。また、良いアイデアがある方は教えていただきたいです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly