Return to site

皆、教育者になる。

講座:人材育成の技術から

· ビジネス講座―内容紹介

人は必ず年をとります。そして、若手を育てる役目が回ってきます。必ずそうなり、逃げられないことです。

先輩が後輩を育てるのは、社会で生きる限り、当たり前の責任と言えます。

後輩は常に皆さんの背中を見ています。直接の上司ではなくても、皆さんの言動を純粋に受け取り、後輩は真似をするでしょう。同じ組織に属している限り、必ず影響を与えています。

良い後輩は、あなたの良い所を真似します。不思議な事に、ダメな後輩は、あなたのダメな部分を真似します。そして、あの先輩もやっているし、自分は悪くないと正当化まで始めてしまいます。

だからこそ、先輩として正しい「知識」「スキル」「マインドセット」を理解することが大切になります。これを知らない為に、部下の育成に苦労する人はたくさんいます。ぜひ、この知識を得て、よい後輩に囲まれる組織を目指してください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK